キャッシングの審査について

キャッシングでお金を借りるには、審査に合格する必要があります。
いくら即日融資対応のキャッシングとはいっても、審査に合格しなければお金を借りることはできません。

 

急いでいる方にとっては、金利などの条件面よりも審査に合格することが最優先に求めれらることもあるでしょう。

 

あなたはどのような方ならお金を貸してもいいと考えるでしょうか。
お世話になった方、見返りを期待できる方、様々な考えがあるでしょう。

 

しかしなんといっても「きちんと返済してくれる」という条件ははずすことはできません。
これはキャッシングの審査においても同様のことがいえます。「貸したお金をきちんと返済してくれるかどうかを見極める」ことが審査の目的です。

 

キャッシング審査の属性

ではどのような点に注目して審査を行うのでしょうか。

 

主なポイントとなるのは申込者の「属性」です。
「属性」とは申込者の年齢、収入、勤務先、家族構成などの申込者自身の情報のことです。

 

属性をみて、申込者に返済能力があるかどうかを判断します。

 

属性には「本人に関する情報」「仕事に関する情報」「住居に関する情報」「借入に関する情報」の4つがあります。

 

本人に関する情報

・年齢(生年月日)
・性別(男性/女性)
・婚姻状況(独身/既婚)
・同居家族
・保険種類(共済/組合/社会/国民)
・最終学歴卒業年月

 

仕事に関する情報

・勤務先名
・勤務先種類(法人/個人/公的機関/自営業)
・業種(サービス、金融、運輸、鉄鋼、など)
・社員数
・勤続年数
・職種(営業、事務、労務、技能、接客など)
・雇用形態(正社員/派遣社員/契約社員/パート・アルバイト)
・役職(管理職/非管理職)
・収入形態(固定給/一部歩合制/完全歩合制)

 

住居に関する情報

・住居形態(自己持家/家族持家/賃貸/官舎・社宅/公営住宅)
・住居種類(一戸建て/マンション/アパート/公団住宅など)
・居住年数
・電話(固定電話+携帯電話/固定電話のみ/携帯電話のみ)
・住居負担額(家賃や住宅ローンの額)

 

借入に関する情報

・他社借入件数
・他社借入金額
・希望借入金額(必要金額、希望限度額など)
・借入金の資金使(生活費、飲食費、レジャー、教育資金、冠婚葬祭など)

 

このようにたくさんの情報を総合的に判断するのがキャッシングの審査になります。
実際にはこれらの項目を点数化し、点数の合計で審査の可否を判断しています。

 

たとえば「大企業に勤めていると高点数」「パートやアルバイトで低点数」といった具合です。この審査システムを「スコアリング」といい、現在のキャッシングはほとんどが「スコアリング」のより判断されています。

 

収入と他社借入状況

属性の中でも重要視されるものが「収入」と「他社借入状況」です。
とくに「総量規制」の対象となるキャッシングでは、年収の3分の1を超える貸出ができません。そのため「収入」と「他社借入状況」を比較して、年収の3分の1を超える申込でないことが絶対条件となります。

 

総量規制の対象とならないキャッシングでも、年収と他社借入金額のバランスが求められます。仮に年収の3分の1を超える状態である場合、いくら総量規制対象外といってもそれだけ返済負担が大きいと判断されることになりますので注意しましょう。