キャッシングの無利息とは?

キャッシングでお金を借りると、返済時に利息を支払う必要があります。
しかし中には「無利息サービス」が付与されているキャッシングがあるのをご存じでしょうか。

 

最近消費者金融を中心に人気の高い、キャッシングの無利息サービスについて考えてみましょう。

 

キャッシングの無利息サービスとは?

キャッシングの無利息サービスとは、文字通り「利息0」のサービスのことです。
お金を借りるのに無利息=利息0で借りることができるわけですから、その便利さはいうまでもないでしょう。当然のことながら無制限に無利息で貸出をしていたのでは商売が成り立ちません。

 

無利息サービスには、それぞれにきめられた期間があります。
1週間、30日、180日といった無利息期間がサービスごとに決められています。

 

この期間を経過してしまうと、通常の利息が発生しますので注意が必要です。
それどころか、通常は「無利息期間=返済期日」となっているでしょうから、無利息期間が経過することで「延滞利息」が発生してしまいます。

 

無利息サービスとはいえ、借入前には必ず無利息期間内に返済できるように計画的に利用しましょう。ほとんどの無利息サービスには「初回限定」といった条件がつけられています。初めて自社のキャッシングを利用される方を対象に、無利息で融資を行うというサービスです。

 

キャッシングの利用者は一度申し込んだキャッシングを繰り返し利用する傾向にあります。
返済が完了しても、借入限度額に空き枠があれば何度でも繰り返して借入することができるためです。そのため初回を無利息で借入提供することで、自社のキャッシングを利用してもらおうという、いわゆる営業戦略の意味合いもあるのです。

 

無利息サービスの開始のタイミングに注意!!

無利息サービスを活用するうえでは、無利息期間の始まるタイミングに注意しなくてはいけません。無利息期間が開始するタイミングは「契約日の翌日」と「初回借入日に翌日」の2通りがあります。このうち注意が必要なのは「契約日の翌日」から無利息期間が開始する場合です。

 

契約日の翌日から無利息期間が開始すると、実際に借入するかしないかにかかわらず無利息期間が経過していくことになります。

 

たとえば「契約日の翌日から30日間の無利息」というキャッシングを契約して、契約日の10日後に借入を利用したとします。この場合、実際に適用される無利息期間は30日から20日に減ってしまうことになります。せっかくの無利息期間を減らしてしまうのはもったいないので注意しましょう。

 

主な無利息キャッシング

ここで大手の無利息サービスの内容を比較してみましょう。

 

通常金利

無利息期間

レイク 4.5%〜18.0% @契約日の翌日から30日間→借入額上限なし・初回のみ A契約日の翌日から180日間

→利用限度額200万円以下の契約で借入額上限5万円まで・初回のみ

ジャパンネット銀行 2.5%〜18.0% 契約日の翌日から30日間→初回のみ
プロミス 4.5%〜17.8% 初回借入日の翌日から30日間→初回のみ、メールアドレス登録、「WEB明細」の利用
アコム 4.7%〜18.0% 契約日の翌日から30日間→初回のみ、返済日を「35日ごと」に設定する
ノーローン 4.9%〜18.0% 借入日の翌日から7日間→何度でも、2回目以降は完済した月の翌月から利用可能