キャッシング審査と個人情報

キャッシングの審査で重要視されるものに「個人信用情報」があります。
「個人信用情報」とは「個人信用情報機関」に登録されている情報のことをいいます。

 

キャッシングの申込を受けた金融機関は、必ず「個人信用情報機関」に照会を行い、申込者の情報を入手します。この情報に問題がある場合には、まず審査に合格することはできません。

 

個人信用情報機関とは?

個人信用情報機関とは、文字通り個人の信用情報を管理している機関のことです。
信用情報の保持や提供を行う機関のことで、現在日本では次の3つの情報機関があります。

  1. ○株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  2. 主にクレジット会社やローンを取り扱う銀行が加盟しています。
    一部の消費者金融も加盟しています。

     

  3. ○日本信用情報機構(JICC)
  4. 消費者金融のほとんどが加盟しています。

     

  5. ○全国銀行個人情報センター
  6. 銀行や銀行関連会社が加盟しています。

 

日本の金融機関は、この3つのちどれかに加盟していることになります。
また複数の情報機関に加盟している金融機関もあります。

 

基本的に金融機関は加盟してる信用情報機関の情報しか入手できません。
しかし一部の情報は、3つの信用情報機関で共有されていますので、どの情報機関に照会しても確認できることになります。

 

共有されている情報には次のようなものがあります。
  • 延滞、債務整理などの事故情報
  • カードの紛失や盗難などに関する情報
  • 本人からの申告情報(同姓同名の信用情報が間違って記録されている情報など)

 

信用情報の種類

個人信用情報には主に次のようなものがあります。

 

本人を特定するための情報

・氏名
・生年月日
・性別
・住所
・電話番号
・勤務先名
・勤務先電話番号

 

契約内容に関する情報

・会社名
・契約の詳細(商品名、支払回数等)
・契約日
・利用金額など

 

返済状況に関する情報

・返済日
・返済予定日
・残高
・完済日
・延滞の有無

 

取引事実に関する情報

・債務整理
・代位弁済
・強制解約

 

事故情報とは?

個人信用情報に問題があると確認されると、キャッシングの審査にはまず合格できません。
なかでも「事故情報」は審査でも致命傷となる可能性が高い情報です。

 

いわゆる「ブラック」の状態では、まず審査に合格することはできないでしょう。
事故情報には主に次の4種類があります。

 

  1. 延滞
  2. キャッシングなどのローンの他、クレジットカードの支払いの延滞情報です。
    最近では携帯電話の機種料金を割賦で支払う方も多いですが、これも延滞すると信用情報に事故情報として記録されます。

     

    どれだけの延滞で情報が記録されるのかは、金融機関によって異なります。
    厳しい先では数日間の延滞でも記録されることがありますが、最低でも2〜3ヶ月間の延滞で記録されることになります。

     

    一度延滞情報が記録されると、延滞を解消したとしてもその情報は5年間程度保存されることになります。

     

  3. 債務整理
  4. 自己破産、任意整理、個人再生、特定調停など、合法的に借金を整理した情報です。
    手続き完了後、5年〜10年間は情報が保存されることになります。

     

  5. 強制解約
  6. 延滞が長期に渡ったなどの理由で、金融機関側から強制的に契約を解除された情報です。
    その情報は最長5年間保存されることになります。

     

  7. 代位弁済
  8. 利用者の返済が滞り、保証会社が利用者に代わり債務を引き受けした情報です。
    代位弁済が行われた情報は、最長5年間保存されることになります。